山口県・秋吉台山焼き2019!事故や夜の祭典、駐車場等気になる情報をご紹介

山口県の観光スポットとして知られる秋吉台で春を呼ぶ風物詩「秋吉台山焼き」が今年も行われます。

秋吉台山焼きは600年以上の歴史を誇り、炎の帯と煙が約1,138ヘクタールのカルスト台地を包む日本最大規模の野焼きです。

夜には野火の祭典が行われ、昼間と違った幻想的な景色が広がります。


今回はそんな秋吉台山焼きの意味、事故、見どころや駐車場等についてまとめてみました。

スポンサーリンク

山口県・秋吉台山焼き2019


山口県秋吉台は高知県の「四国カルスト」、福岡県の「平尾台」、と並び日本三大カルスト地形の1つとして数えられています。

秋吉台はその中でも最も広く、日本で唯一特別天然記念物に指定され、大地を突き破る無数の石灰岩柱が独特の景観はフォトジェニックなスポットとして多くの観光客を楽しませています。


また、2015年にはNHK大河ドラマ花燃ゆの舞台となった幕末ゆかりの史跡が近くに点在しており、山口県の観光名所となっています。


秋吉台の山焼きは600年以上の歴史を持ち、秋吉台に春を告げるイベントとして毎年2月中旬に行われます。

約1,000人の人の手によって広大な台地に一斉に放たれた火は炎の帯となって枯れ草色の野原を黒く塗り替えて行く光景は圧巻です。


夜には日中の山焼きの際に残していた25ヘクタールに改めて火入れを行い野火の祭典が行われます。

闇の中に立ち上る炎の帯との文字が浮かび上がり幻想的な光景が広がります。

山口県・秋吉台山焼きの意味は?


かつて秋吉台では台地下で農業が営まれており、秋吉台で採れる草を有機肥料牛馬の餌として使う牧草の採草地として活用されていました。

草原は放置すると森林へと移り変わってしまいます。
そのため、毎年山焼きを行うことによって枯れた草を焼き払い、リセットすることで草原を維持していました。

焼かれてしまった古い草は新しく生える草や農地の栄養として活用されたり、害虫駆除の効果もあります。
山焼きを行うことによって様々な恩恵を受けていました。


農業がおこなわれていない現在では、草原の景観維持、害虫駆除、林野火災の防止、生態系の保護を目的として山焼きが続けられています。

山口県・秋吉台山焼き2019の日程


今年の秋吉台山焼きは2月17日(日)9:30~開催されました。

日時 2019年2月17日(日)9:30~
場所 山口県美祢市 秋吉台一帯
住所 〒754-0511 山口県美祢市秋芳町秋吉秋吉台
電話番号 美祢市農林課 0837-52-1115
秋吉台観光交流センター 0837-62-0305

例年、天候によって日程変更になることがしばしばあります。
見に行かれる方はこちらから事前に開催情報をご確認下さい。

スポンサーリンク

山口県・秋吉台山焼きで起った事故とは


約600年の歴史を誇る秋吉台山焼きですが、2017年火入れの作業に参加していた男性が炎に巻き込まれ死亡するという痛ましい事故が起きました。

事故当時、午前10時21分に秋吉台で最大瞬間風速8.2メートルと記録されていて、山口県全域に乾燥注意報が出ていました。
とても火が広がりやすい状況だったのではないかと考えられています。

秋吉台山焼きでの死亡事故は1976年以来初めてのことだったそうです。

全国の山焼きや野焼きでは、2009年に大分県由布市湯布院町で男女4名が死亡、2010年には静岡県御殿場市の陸上自衛隊演習場で作業中の男性3名が死亡する事故が起きています。


2018年の秋吉台山焼きでは事故後の安全対策として、服装チェックを厳重に呼びかけたり、消防隊員を増やして行うようになりました。

山焼きの炎は5メートルにも及び非常に危険ですので火入れ場所の近くには立ち入らず、現地の方の指示に従って安全に注意して見学するようにして下さい。

山口県・秋吉台山焼き夜の山焼き


日中の山焼きの炎が一帯に広がる光景も圧巻ですが、夜に行われる野火の祭典も見どころの一つです。

野火の祭典では、昼間に焼き残しておいた若竹山周辺~カルスト台地展望台付近約25ヘクタールに再び火が入れられ、闇の中に広がる炎の帯の幻想的な景色を見ることができます。

例年午後7時に火の女神の松明への点火が行われ、儀式などを経て紅蓮の炎に包まれた山野が夜の闇に鮮やかに浮かび上がる絶景が楽しめます。


また、若竹山の北西にある剣山の斜面に浮かび上がる直径約50mの火の文字は、夜目にも大変鮮やかな光景を味わうことができます。


秋吉台の山焼きの夜のイベントは昼間の山焼きの勢いで一部を残すことができずに中止になってしまった年や打ち上げ花火が行われた年等、イベントが変更になる場合があります

事前にこちらから情報をチェックして行くようにしましょう。

山口県・秋吉台山焼きへのアクセスや混雑具合は?

会場は山口県美祢市 秋吉台一帯です。

場所 山口県美祢市 秋吉台一帯
住所 〒754-0511 山口県美祢市秋芳町秋吉秋吉台
地図

山口県秋吉台へのアクセスは秋吉台の近くに鉄道等の駅が無ないため、車かバスでの移動になります。

電車・バスの場合

JR新山口駅からバスで約43分、秋芳洞バス停にて下車

秋芳洞バス停から会場まではさらに徒歩で30分若しくは循環バス等に乗り継いで行くことになります。


バス停から秋吉台までかなり距離がありますので、乗り継いで向かうのがおすすめです。

ただし、例年乗り継ぐ人で長蛇の列ができています。
バス等で向かわれる場合は早めに行く方が良いでしょう。


バス等に乗り継ぐ場合、土日には循環バス、平日の場合はかるすとタクシーがあります。
詳細はこちらからご確認下さい。

車の場合

小郡萩道路秋吉台ICから車で10分

バスでは時間の制約が気になるという方は新山口駅からレンタカーという手段もおすすめです。

山口県・秋吉台山焼き混雑具合

秋吉台に登る道は一本しかないため、かなり混雑します。

抜け道もないため、夜の野火の祭典を見に行かれる場合は、お昼のうちに到着するくらいが良いでしょう。


帰りも最後まで鑑賞した場合には、同じく渋滞となります。

ホテルに帰れるのは夜中になってしまうことを覚悟した方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

山口県・秋吉台山焼きの便利な駐車場をご紹介!


秋吉台には無料駐車場が複数あります。
その中でも便利なのは展望台秋芳洞エレベーター口の2つです。

秋吉台カルスト展望台駐車場

住所 〒754-0511 山口県美祢市秋芳町秋吉台山
地図

秋芳洞エレベーター駐車場

住所 〒754-0511 山口県美祢市秋芳町秋吉1237−245
地図

無料駐車場に停められなかった場合でも、周辺に有料駐車場があり、車を止められないということはありません。

ただし、坂道を20~30分程度歩くことになる場所もあります。
車も人も夜の祭典が近づくにつれて増えていくので、早めの到着を心がけた方が良いでしょう。

山口県・秋吉台山焼き交通規制

秋吉台山焼き当日は8:00から山焼き終了までカルスト展望台周辺や、カルストロードは車両通行止めとなります。

通行止めの場所については、以下の地図にて詳細をご確認下さい。

交通規制Map


引用:http://www2.city.mine.lg.jp/

クリックすると地図を拡大できます

夜行われる野火の祭典の際には交通規制ありません

山口県・秋吉台山焼きへ忘れずに持っていくべきもの!


秋吉台山焼きでは炎が一気に広がり、大量の煙とすすを飛ばしながら燃えていきます。

終わったあと顔や洋服が黒くなってしまうほどです。

そのため、見に行かれる場合は、マスクボディーシートを持って行った方が良いです。

服装も汚れても良い服や撥水スプレーをしておくと後で洗いやすく便利です。

スポンサーリンク

まとめ

大迫力の炎の帯や夜の幻想的な世界等、大自然の迫力を味わうことができる山口県・秋吉台山焼きはいかがでしたか?

山口県には秋吉台だけでなく、秋芳洞や世界遺産として登録された萩反射炉恵美須ヶ鼻造船所跡大板山たたら製鉄遺跡萩城下町松下村塾、そして新鮮なふぐ等の魚介類を楽しめる唐戸市場等々魅力が一杯です。

ぜひ、この機会に山口県の魅力を堪能してみてはいかがですか?