日高火防祭2019の日程やスケジュールは?前夜祭、厄年連の見どころやアクセス、交通規制等をご紹介

NHK大河ドラマのロケ地や緯度観測所、大谷翔平の出身地で有名な岩手県奥州市水沢で今年も日高火防祭が開催されます

日高火防祭は300年の歴史を誇り、火防を祈願して高神社例大祭合わせて2日間にわたって実施されます。

京都の祇園祭を模している華やかなお祭りで、屋台ばやしと打ちばやしの古趣豊かで格調の高い音曲は、岩手県の無形民俗文化財に指定されています

ぼんぼりの灯りの中、各町組の屋台が競っておはやしを披露する揃い打ち・相討ちや地元出身者によって結成された厄年連による創作舞踊等で盛り上げます。


今回はそんな日高火防祭の日程や見どころ、歴史、アクセス、交通規制等についてご紹介します。

スポンサーリンク

日高火防祭2019


日高火防祭は江戸時代から約300年の歴史を誇るお祭りで、高神社例大祭合わせて4月28日前夜祭、29日本祭が開催されます。

水沢の6町それぞれから「町印」、「打ばやし」、「はやし屋台」の3つの屋台(はやし屋台のみ9町)が繰り出し、火防を祈願して行われます。

各町の屋台を先導する「町印」には、それぞれ漢字1文字が書かれていて、それを繋げると「仁心をもって火防を定鎮す」との意味になり、防火の心得を謳ったものと言われています。

京都の祇園祭を模したと言われているはやし屋台は豪華絢爛で、金や朱、緑の柱にぼんぼりや造花が飾り付けられ、20~25人の囃子方が乗り、横笛、小太鼓、三味線の独特な祭囃子を奏でながら街を練り歩きます。


前夜祭では重さ約20㎏にもなる纏を手に持って振り上げたり回転させながら踊る纏振りや、水沢出身で25歳と42歳の厄年を迎える約300人の人たちが、厄払いや故郷への恩返しとして創作舞踊が披露され、お祭りを盛り上げてくれます。

本祭では安全祈願やお祓いの行事などが行われた後、各町組の屋台が競っておはやしを披露し合う圧巻の揃い打ち・相討ちでお祭りを締めくくります

日高火防祭2019日程・スケジュール

日高火防祭は毎年4月28日、29日に開催されています。

日程

今年も4月28日(日)、29日(月)に行われます。

日時 2019年4月28日(日)、29日(月)
場所 日高神社、水沢駅前通り
住所 〒023-0808 岩手県奥州市水沢区日高小路13
電話番号 日高火防祭実行委員会(奥州市商業観光課内)
0197-24-2111

スケジュール

日高火防祭のスケジュールをまとめてみました。

4月28日(日):前夜祭

稚児行列 16:30~17:00 水沢駅前通り
鹿踊り 17:00~17:30 水沢駅前通り
纏振り 17:30~17:50 水沢駅前通り
開会式 17:50~18:00 水沢駅前通り
打ちばやし演奏 18:00~18:30 水沢駅前通り
平成30年度奥州水沢25歳厄年連「結戌蘭」演舞 18:30~18:50 水沢駅前通り
平成30年度奥州水沢42歳厄年連「神巳来」演舞 18:50~19:10 水沢駅前通り
平成31年度奥州水沢42歳厄年連「輝馬伝」演舞 19:10~19:45 水沢駅前通り
平成31年度奥州水沢25歳厄年連「颯亥迅」演舞 19:45~20:20 水沢駅前通り
閉会式 20:30~20:40 水沢駅前通り


4月29日(月・祝):本祭

年番祭 8:30~ 日高神社
遥拝式 10:40~ 日高神社
みちのく合気道菅原道場 演武 13:00~13:30 水沢駅前通り
屋台練り歩き 13:15~ 市街地
前沢42歳厄年連「絆七継承」演舞
前沢25歳厄年連「翔華一心」演舞
13:30~14:15 水沢駅前通り
江刺42歳祝連「かがりび」演舞
江刺25歳年祝連「魁輝伝承」演舞
14:15~15:00 水沢駅前通り
鹿踊り 15:00~15:30 水沢駅前通り
揃い打ち 18:55~19:25 水沢駅前周辺
相打ち 19:45~20:25 メイプル前交差点

日高火防祭2019はやし屋台の見どころと登場者募集


日高火防祭のメインとも言えるはやし屋台についてご紹介します。

はやし屋台の見どころ

はやし屋台はひな壇上の屋台になっていて、唐破風の屋根や欄間に朱や金、極彩色の彫刻、擬宝珠高覧、ぼんぼり等で飾られた豪華絢爛な屋台です。

屋台の上には囃子方が20~25人乗り、祭囃子を奏でます。


囃子は笛師が奏でる音曲に合わせ「お人形さん」と呼ばれる早乙女が小太鼓と「お嫁さん」と呼ばれる三味線で調子をとります。

はやし屋台に乗る囃子方は裃を着ています。

その中でも笛師の衣装は、毎年4月22日に行われる日高神社の例大祭で裃貸与式が行われ貸与されます


はやし屋台で奏でられる囃子は各町で受け継がれ、それぞれ曲が異なっています

打ちばやしとはやし屋台で演奏される祭囃子は日高囃子と言われ古趣豊かで格調の高い音曲は、岩手県の無形民俗文化財に指定されています

横町組 一声くずし
袋町組 一声
駅前三町組 一声
川口町組 つるべ井
柳町組 剣囃くずし
城内組 かんらん囃子
立町組 松の緑
吉小路組 祇園囃子
大町組 祇園囃子

はやし屋台の順路

4月29日の本まつりでのはやし屋台の順路と時間について、以下に記載致します。

はやし屋台の運行図



引用:https://www.city.oshu.iwate.jp/

クリックすると地図を拡大できます

登場者募集

各町組でははやし屋台に乗る登場者が募集されています

県内外の小学生から成人まで誰でも応募することができるようです。

はやし屋台に乗ってみたい!という方は、ぜひ、以下の応募要項を見て応募してみて下さい。

  • 募集要項
  • 登場日 2019年4月29日(月・祝)
    登場料 太鼓:5,000円~
    三味線:10,000円~
    (祭り当日の食事代やお稽古の際おやつ代等を含む)
    (別途、お祭り当日の着付け・メイク費用等がかかります)
    募集内容 ・三味線:中学生以上で高校生~成人も可
    ・太鼓:小学生の男女
    ・大太鼓:小学4年~6年生の男子
    申込先 ・横町組:0197-23-2426 天下堂(佐々木)
    ・袋町組:0197-23-7628 鈴木
    ・駅前三町組:0197-24-4003 佐藤
    ・川口町組:0197-24-7435 及川
    ・柳町組:0197-23-2442 石川氷店(石川)
    ・城内組:0197-22-4231 佐藤
    ・立町組:0197-23-5260 理容おいかわ
    ・吉小路組:0197-23-2624 ナカノメ薬局(中目)
    ・大町組:0197-23-2563 ベビーショップ(高橋)

    ※詳細はこちらからご確認下さい。

    スポンサーリンク

    日高火防祭2019前夜祭


    前夜祭は1985年から始められるようになり、夕方から鹿踊り、神輿渡御、はやし屋台(2~3台)の相打ち、厄年連による踊りが披露されていました

    近年では中心市街地の衰退、高齢化等の理由からはやし屋台等が行われなくなってしまいましたが、様々なイベントが行われ盛り上がります。


    夕方から地元の園児たちが可愛らしい衣装に身を包み、元気に駅通りを行進する稚児行列が行われます。

    その後、水沢区羽田芦ヶ沢に伝わる民俗芸能の鹿踊りや、重さ20㎏もの纏いを振り上げて踊る纏振りといった力強い演技を見ることができます。

    日高火防祭2019本祭で欠かせない!揃い打ち・相討ち


    日高火防祭のメインイベントとも言える揃い打ち・相討ちは本祭の最後に行われます

    雪洞が点灯された各町のはやし屋台が水沢駅前交番付近に集結し、お囃子を一斉に演奏する揃い打ちが始まります。

    その後、今年のメイン町組のはやし屋台1台とその他の町はやし屋台8台と相対する形になってメイプル前交差点に移動し、囃子を披露しあう相打ちが行われます。


    最後に互いの町組に仁義礼をつくし三本締めで締めくくります。

    屋台が勢揃いして披露するお囃子は、多くの観客たちに感動を与えてくれます。

    日高火防祭2019厄年連


    前夜祭の最後には水沢出身で25歳と42歳の厄年を迎える約300人の人たちが厄年連を結成し、厄払いや故郷への恩返しとして創作舞踊を披露します

    最近では和楽器を織り交ぜたロック調の踊りになっていたり、衣装も趣向を凝らしたものになってきています。

    厄年連は代々受け継がれ、この創作舞踊は数か月からこの日のために準備されます

    それぞれの思いがこもった舞踊を見るのが楽しみですね!

    4月29日の本祭では、厄年連は以下の場所で見ることができますので、行かれる場合は場所と時間を確認してみて下さい。

    25歳厄年連の運行図

    25歳厄年連



    引用:https://www.city.oshu.iwate.jp/

    クリックすると地図を拡大できます


    42歳厄年連の運行図

    42歳厄年連



    引用:https://www.city.oshu.iwate.jp/

    クリックすると地図を拡大できます

    日高火防祭の歴史


    引用:https://mag.japaaan.com/

    日高火防祭の起源は資料は残されていませんが、いくつかの説があると言われています。

    ・水沢城主・伊達宗景が公務で江戸に滞在していたとき、振袖火事(1657年)等に遭遇し、江戸の華と言われるほど多発していた江戸の惨状を目の当たりにしました。
    水沢に戻った後、民間消防隊の創設と火防祈願の祭事を創めました
    祭事には産土神の日高妙見社の「日」は「火」に通じ、同社の境内にある水沢伊達氏の祖霊社・瑞山神社の「瑞」は「水」に通じるとして、人智の及ばぬ災害を神仏の加護によって未然に防止しようという思いが込められているという説です。

    ・1735年2月22日に水沢城下で168戸を焼く大火が発生しました
    当時の城主であった伊達村景は佐々木佐五平を江戸に派遣して火消しの技術を習わせ、城下に民間消防隊「臥煙組」を創設しました。
    その記念行事が火防祭の発祥であるとする説です。


    水沢城下町は頻繁に火災に遭い、度重なる火災による経済的損失と復興費用の捻出は深刻な問題であり、町が荒廃していました。

    この事からも水沢の町が火防の神事が重要視し、今日に至るまで受け継がれて発展してきたと考えられています。

    スポンサーリンク

    日高火防祭へのアクセス・駐車場

    日高火防祭は日高神社、水沢駅前通り周辺で開催されます。

    日時 2019年4月28日(日)、29日(月)

    住所 〒023-0808 岩手県奥州市水沢区日高小路13
    電話番号 日高火防祭実行委員会(奥州市商業観光課内)
    0197-24-2111

    アクセス

    日高火防祭へのアクセス方法をご紹介します。

    電車で行く場合

    JR水沢駅から徒歩で5分

    車で行く場合

    東北道水沢ICから車で10分

    駐車場


    日高火防祭では会場付近に1200台分の臨時無料駐車場が開設されます。

    開設時間は場所によって異なりますので、ご注意下さい。

    市役所駐車場

    住所 〒023-0053 岩手県奥州市水沢区大手町1-14
    利用可能時間 28日 17:30~21:30
    29日 9:00~21:30
    地図


    県南広域振興局駐車場

    住所 〒023-0054 岩手県奥州市水沢区吉小路5
    利用可能時間 28日 17:30~21:30
    29日 9:00~21:30
    地図


    メイプル西館駐車場(4F東側・屋上)

    住所 〒023-0801 岩手県奥州市水沢字横町2-1
    利用可能時間 28日 9:00~21:30
    29日 9:00~21:30
    地図


    水沢公園南駐車場

    住所 〒023-0857 岩手県奥州市水沢区中上野町1-1
    利用可能時間 28日 15:00~21:30
    29日 9:00~21:30
    地図


    みずさわ観光物産センター

    住所 〒023-0816 岩手県奥州市水沢区西町1-1
    利用可能時間 28日 9:00~21:30
    29日 9:00~21:30
    地図


    水沢駅前市民駐車場

    住所 〒023-0813 岩手県奥州市水沢区中町92
    利用可能時間 28日 9:00~21:00
    29日 9:00~21:00
    地図


    JA岩手ふるさと水沢地域センター

    住所 〒023-0054 岩手県奥州市水沢区吉小路5
    利用可能時間 29日 9:00~21:30
    地図


    胆江農業管理センター駐車場

    住所 〒023-0813 岩手県奥州市水沢区中町6
    利用可能時間 28日 17:30~21:30
    29日 9:00~21:30
    地図


    胆沢平野土地改良区跡地

    住所 〒023-0881 岩手県奥州市水沢字北田140-1
    利用可能時間 29日 9:00~21:30
    地図

    日高火防祭2019の交通規制

    日高火防祭では毎年屋台や厄年連のために交通規制が行われます

    交通規制の時間帯や場所については以下の地図をご確認下さい。

    交通規制



    引用:https://oshu.mypl.net/

    クリックすると地図を拡大できます

    周辺観光情報


    引用:https://www.city.oshu.iwate.jp/

    日高火防祭はGWの始めに開催されますので、お祭りだけでなく、周辺観光も楽しみませんか?

    記念館


    日高火防祭の開催に合わせて、本祭が行われる29日に水沢区内にある記念館が無料公開や特別公開が行われます

    記念館を巡って日高の歴史にぜひ触れてみてください。

    高野長英記念館

    住所 〒023-0857 岩手県奥州市水沢中上野町1-9
    電話番号 0197-23-6034
    開館時間 9:00~16:30
    休館日 毎週月曜日
    入館料 大人:200円、小中高生:無料
    ※入館無料日:日高火防祭の本祭の日 4月29日、生誕日 5月5日、命日 10月30日はどなたでも無料で入館できます
    地図


    後藤新平記念館

    住所 〒023-0053 岩手県奥州市水沢大手町4-1
    電話番号 0197-25-7870
    開館時間 9:00~16:30
    休館日 毎週月曜日
    入館料 大人:200円、小中高生:無料
    ※入館無料日:日高火防祭の本祭の日 4月29日、生誕日 6月4日、命日 4月13日はどなたでも無料で入館できます
    地図


    斎藤實記念館

    住所 〒023-0054 岩手県奥州市水沢字吉小路24番地
    電話番号 0197-23-2768
    開館時間 9:00~16:30
    休館日 毎週月曜日
    入館料 大人:200円、小中高生:無料
    ※入館無料日:日高火防祭の本祭の日 4月29日、命日 2月26日はどなたでも無料で入館できます
    地図

    また、以下の施設では本祭の日のみ09:00~16:30まで特別公開が行われます。

  • 国史跡 高野長英旧宅
  • 高野長英旧宅付属屋 古稀庵
  • 県有文 後藤新平旧宅
  • 斎藤實旧宅「斎藤實記念館」
  • 県指定 旧内田県住宅 「武家住宅資料館」
  • 近代和風住宅 旧安部家住宅
  • 歴史公園えさし藤原の郷


    NHK大河ドラマ第32作・『炎立つ(ほむらたつ)』の撮影の為に作られた大規模オープンセットで、平安建築群が再現されたテーマパークです。

    龍馬伝、天地人や真田丸等といったNHK大河ドラマを初めとして多くのドラマ撮影の舞台となっていることから「みちのくのハリウッド」とも呼ばれています。


    園内で撮影された映画やドラマのロケ資料を展示している施設もあり、お気に入り作品の台本や小道具といった舞台裏まで見ることができます。

    平安時代の衣装の着付や平安時代食等を体験することができます。

    住所 〒023-1101 岩手県奥州市江刺区岩谷堂小名丸86−1
    電話番号 0197-35-7791
    開館時間 9:00~17:00
    ※入館は16:00まで
    休館日 無休
    入館料 大人:800円
    高校生:500円
    小中学生:300円
    地図

    奥州宇宙遊学館・水沢VLBI観測所


    奥州宇宙遊学館は旧緯度観測所本館を再構築して作られていて、100年以上前の洋館作りでモダンで趣のある建物となっています。

    宇宙や天文に関する展示や宮沢賢治と旧緯度観測所の関わりなどの展示が公開されています。

    さらに、現在の緯度観測所である国立天文台水沢VLBI観測所のキャンパス内の使用中の装置も見学することができます。

    住所 〒023-0861 岩手県奥州市水沢星ガ丘町2番12号
    電話番号 0197-24-2020
    開館時間 9:00~17:00
    ※入館は16:30まで
    休館日 毎週火曜日
    入館料 大人・学生:200円、生徒・児童:100円
    ※施設の利用案内はこちらをご確認下さい
    地図
    スポンサーリンク

    まとめ

    300年の歴史を誇る日高火防祭はいかがでしたでしょうか。

    GWの始まりに開催されますので、お祭りだけでなく奥州市の自然や歴史を満喫してみてはいかがですか?